メニュー

< >

軽くシンプルな最適設計を心掛ける。設計の難しさと楽しさを実感する女性エンジニア 2015年4月入社 佐々木佳奈

ディーゼルエンジン部品の設計を担当

私はディーゼルエンジン部品の設計を担当しております。主な仕事は、3D CADによるモデル作成、CAEを用いた強度解析検討、そして図面作成です。設計する際には、「鋳物部品はより軽く、板金部品はシンプルに」を基本とし、最適設計をしております。また、自分の担当しているエンジン部品だけではなく、車両全体を意識するよう心がけています。設計部は性別に関係なく活躍できる環境で、身近にも活躍している女性の先輩達がいて、とても頼もしく、楽しい職場です。設計職を目指している女性にお薦めです。

自分の技術と閃きで課題を解決するやりがい

「設計の仕事は難しそうだなぁ……。」と思って入社しましたが、まさにそうでした。 まだまだ至らぬ点が多く、先輩方のフォローもありますが、自分の技術と閃きで課題を解決していくところにやりがいを感じています。また、先輩から学んだ事を、今度は自分が後輩に伝授する瞬間は、自身の成長を実感し大変嬉しくなります。

このコンテンツは、統合以前の日本テクシード及びDRDの時代に取材・撮影した内容で、2017年3月現在の情報です。