メニュー

< >

メカニックの経験を活かしている設計エンジニア 2013年中途入社 関東技術部 第3エリア 1グループ 内田 智貴

つくられたクルマを整備する仕事から、
クルマをイチからつくる仕事へ。

前職では、自動車整備士として自動車の整備やカスタムに従事していました。もともとクルマが好きで、好きなことを仕事にしたいという思いで、自動車整備士になったんですが、仕事の将来性までは考えていなくて、実際に仕事を続ける中で限界を感じたり、収入面で不安を覚えるようになりました。でも好きなクルマに関わる仕事はしたい。そんな思いが交錯して迷いながら、クルマづくりに携われる日本テクシードへの転職を決意。ただし、つくられた自動車を整備することはできても、クルマをイチからつくる設計はまったくの素人。だから面接のときに、その不安を正直に伝えました。すると採用担当者から「会社としてしっかりとバックアップするから」と言われて安心できました。
入社後の導入研修では、設計の実務に必要なCADの操作方法などの技術面のスキルはもちろん、社会人としての姿勢や、チームワークに欠かせないコミュニケーション能力を磨くための指導を受けました。前職の勤務先は個人経営だったので、私と社長の二人だけで仕事をしていて、チームワークを意識することはなかったんです。でも当社では、ほぼすべてのプロジェクトがチームで進められます。それがとても新鮮に感じました。
現在は、自動車のタイヤを動かすデファレンシャルの設計を担当しています。自動車が動くために重要なパーツなので、私の部署にはベテランのエンジニアが揃っています。私の未熟さを痛感させられる毎日ですけど、先輩たちが「できるところから一緒にやっていこうよ」と励ましてもらえているので助かっています。

悩んでいる私を支えてくれたリーダーの言葉。
次は私が後輩を支える先輩になりたい。

配属後に実際の業務を始めてみると、思わぬ壁にぶつかりました。それは書類作成や相手に納得してもらう説明力です。前職では書類を作成するという経験がなかったので、私には情報をわかりやすくまとめて、人に伝えるためのスキルがなくて、配属当初はとても戸惑いました。しかしこれに関しても、先輩たちの書類を参考にし、様々な業務の説明や会議の場に参加して説明力を学び、初めてやり直しをせずに上司の承認印をもらえたときの喜びは格別でしたね。
先輩たちは必要なことを単に教えるだけではなく、私に「新しいパーツの設計に挑戦してみるか」と声をかけてくれて、私の技量や可能性を高めるためのチャンスを与えてくれます。最初は自分が何の為にこの作業が必要なのか理解できないときもありましたが、今ではサーバント制度でリーダーや先輩たちのサポートを受けながら、新しい業務にもチャレンジしています。特にリーダーは些細なことでも気にかけてくれて、私が悩んでいたときも相談に乗ってくれました。実は私は、つい最近まで、やっぱり体を動かす仕事のほうが向いているんじゃないかと悩んでいたんです。そんな私にリーダーは、「できることからやっていけば良い」と元気づけてくれました。そのリーダーは、今では私の憧れの存在です。自分も悩んでいる後輩を支えられるだけのスキルと経験を積みたいと思います。

クルマ全体の構造を理解しているからこそ
質の高い設計ができる。

自動車は日々進歩しています。つまり自動車の開発現場でも、求められる技術レベルはつねに向上しているため、最新の技術を身につけるためには、地道に学び続けるしか方法はありません。この点で、自動車整備士だった私は有利だと思います。自動車の構造を全体的に理解している私なら、さまざまな機能や仕様を把握したうえで、各パーツを設計することができるからです。部分的ではなく、そのパーツが全体の中でどう機能するかを想像できるので、より質の高い設計ができます。一般的に整備士は体を使う仕事で、設計は頭を使う仕事というイメージがあると思いますけど、体を使って覚えたことが頭の中で組み立てられて、設計の役に立つことが十分にあります。今後は周囲から信頼されるスキルを身につけて、自動車整備士として培った経験やノウハウを設計に反映させていきたいですね。

このコンテンツは、統合以前の日本テクシード及びDRDの時代に取材・撮影した内容で、2017年3月現在の情報です。