メニュー

< >

自動車が大好きな若手女性エンジニア 2013年入社 関東技術部 第3エリア 1グループ 乗富 夏紀

先輩たちが設計における本来の目的や意図を
理解することの大切さを教えてくれました。

大学では技術者を目指していたので、機械を学びました。もともと工場の建物を見ることが好きだったので、プラントメーカーへの就職も検討していましたが、製品をつくる仕事、特に好きな自動車をつくりたいと思って、日本テクシードへの入社を決めました。理由はそれだけではなくて、入社前の説明会で出会った採用担当者が丁寧に接してくれたことや、先輩社員との交流会で働きやすさや仕事のおもしろさを聞いたことも、私の背中を押してくれました。入社後は自動車の配管を設計する部署に配属となり、設計業務と書類の管理を担当しています。自動車の配管には、ブレーキのパイプや燃料のパイプ、他にもクラッチなど多種多様なパーツがあって、それらの仕様や部品の種類を覚えるだけでも大変です。だから入社当初は余裕を失ってしまい、目の前の製品を設計する作業にとらわれてしまって、そもそも何を何のために、どう設計するのかという意図や構想を置き去りにしてしまうことがありました。しかし私が工程を理解できるまで先輩たちが根気よく指導してくれたおかげで、今では新車型をつくるプロジェクトに参加させてもらえるようになっています。

すべての先輩たちが私の先生に。
できることが増えるたびに自信がつきました。

入社当時の自分の未熟さを思い出すと今でも照れくさくなります。配属されたばかりのころは、自分が何を担当していて、何のために、何をやっているのかさえ理解できていませんでした。でも配属先は日本テクシードのエンジニアが多い部署だったので、先輩たちが代わる代わる先生になってくれて、パーツの名称や部品の種類といった基礎知識から、設計図の作成に必要なCADの操作方法まで幅広く教えてくれました。特にCADのスキルは設計に必要不可欠なので、入社後の導入研修でも教わったんですけど、本格的に設計を担当するようになる前にCADの試験があって、その対策のために先輩たちが時間をつくって教えてくれました。
そのおかげで自分にできることが少しずつ増えて自信が持てるようになり、徐々に全体像が見えてきて、自分が担当している工程の意味を理解できるようになったんです。

目指すは良き先輩であり、良き母でもあるエンジニア!
それが実現できると確信しています!

先輩たちは本当に温かい人たちばかりで、業務に直接関係ないところでもフォローしてくれます。たとえばミーティングでは、新入社員の私が質問しやすいように話題を振ってくれますし、未熟な私の拙い意見でも熱心に耳を傾けて聞いてくれるんです。
また配属先では、日本テクシード以外の会社から出向しているエンジニアの方もいるんですけど、同じチームであれば、出身が別の会社でも仲間という意識があって、垣根がありません。さらに他社のエンジニアと情報交換をする中で、日本テクシード独自の教育レベルの高さや福利厚生の充実度を感じることもあります。
まだ私は先輩たちのサポートなしでは仕事ができませんが、すでに後輩が入ってきているので、いつまでも甘えているわけにはいきません。早く成長して次は自分が教えられる立場となり、先輩や会社に恩返ししたいと思っています。さらに将来的には、結婚と出産を経ても仕事を続けていきたいですね。日本テクシードには、女性エンジニアが出産後に開発現場に復帰できる産休・育休制度も充実しているので、その点でも先輩のアドバイスをいただきながら公私ともに充実させたいと思います。

このコンテンツは、統合以前の日本テクシード及びDRDの時代に取材・撮影した内容で、2017年3月現在の情報です。